シャンプーと髪の毛の傷み


シャンプーで髪の毛の傷みが治る!・・・のでしょうか?

私見(妄想とも言う?)ではありますが、シャンプーで髪の毛の傷みが増えることはあっても治ることはないのではないかと思います。

でも、傷みに関してシャンプー選びは重要な部分です。
良いシャンプーとは、できるだけ髪の毛の傷みを少なくして洗うことが出来る製品を言うのではないのでしょうか。

シャンプーは髪の毛や頭皮の汚れを落とすものです。
トリートメントではありません。

サロンドプラザ美容室では、以前からシャンプーは最初に髪の毛につくものですからそこで髪の毛をダメージさせてしまったり、汚れをきちんと落とせていなくてはその後の結果がついてきませんとお話しています。

髪の毛は一度傷んでしまうと治ることはありません。
トリートメント等で直ったように見せかけているだけです。

ですから、最初のシャンプーで傷めない事が大切なのです。
では、どのようなシヤンプーが良くてオススメといえるのでしょうか。

サロン専用シャンプー、市販のシャンプー、テレビショッピングや通販専用で販売されるシャンプーなどありますが、販売形態や価格が良いシャンプーの基準ではありません。

私が思うに、シャンプー剤はアミノ酸系の活性剤を主剤とした製品(サロン専用のシャンプーに多く高価格)と硫酸系(というと聞こえが悪い?)に分けられると思います。

石鹸系は個人的に良いと思っていない(特に今日のようにパーマやカラー、矯正毛など何らかの処理がされている毛髪において)ので今回は無しです。

アミノ酸系の活性剤は作用が穏やかで硫酸系は洗浄効果が高いと言うのが一般的ですね。
市販に多い硫酸系のシャンプーは、洗浄力が強いかといえばそうでもなく、弱めるための成分を配合しているわけです。コレにより安価で感触の良い製品になっているのではと感じます。

サロンのシャンプーでも硫酸系の活性剤使用の製品がありますが、配合成分などで調整をしています。(単にシリコンの配合と言うことでなく、例としてペリセアやリピジュア、ポリクオタニウムー10などの高分子ポリマーなど)

つまり価格に見合った成分配合と言うわけですね。
そこでどちらが良いのだという話になるのですが、私が思うのは個人や条件で違ってくるのではないかと言うことです。

普段から乾燥毛で頭皮も乾燥傾向にあり、でも毎日洗うなら洗浄力は穏やかなものが良いでしょう。

頭皮が脂性で髪の傷みも少なくて、細毛で軟らかいのならスカッと油分を落としてくれるシャンプーが髪の重さも感じなくふわっと仕上げてくれるでしょう。

今までのシャンプー選びではこんな感じでアドバイスをしていました。
でも、最近は少し違うんじゃないかと思うようになったのです。

それは、パーマやカラーの残留物です。
パーマやヘアカラー、縮毛矯正などすると、どうしても髪の中に良くない成分が残ると思います。サロンドプラザ美容室でも、できるだけ残留物の除去を心がけていますが完全ではありません。

そういう考えのない美容室などではさらに残ると思うし、ましてホームヘアカラーやホームストレートなんかでは、なおさらなのでは?と思います。

残ってしまった(と考えられる)残留物はシャンプーで落とすのが効果的です。
ということは、皮膜など張らないでしっかり落とすシャンプーが必要なのではないかと考えているのです。

まったくの個人的考えなのですが、施術後のしばらくはしっかり落とすのも必要なんじゃないかと思うこのごろです。残留度合いにより回数は違うでしょうが、最初の数日は硫酸系のシリコンなど皮膜のないシャンプーで洗い、残留物のなくなったあとは髪質にあったシャンプーを使う・・・などと言うのも良いのかなと感じています。

何れにしても、残留物にふたをしてしまう皮膜は必要ないんじゃないでしょうかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です