パーマとヘアカラーの退色補正


前回の3月では初めてのパーマだったので毛先が曲がるくらいのゆるいパーマをかけたのですが、もう少しくるんとカールアイロンで丸めた髪の毛が長持ちするようにとかけることになりました。

ロッドは前回と同じくらいですがもう少し多く巻いてあります。
2回目なのとヘアカラーもしてある部分なので同じロッドでもしっかりかかるはずです。

パーマ液は前回と同じシステアミン(3,5%・PH8.8)のやや強めを使用しました。
パーマのロッド

予想通り前回よりもカールの効いた仕上がりになります。
これならこのまま自然乾燥でも大丈夫ですね。
パーマのかかり上がり

今度は、退色した色の補正をかねて前回よりも少し赤みを足します。

地毛がオレンジ味の有る明るい色なのですが、思ったよりも赤が少ない髪質のようです。

これ以上明るくする必要はないので、アルカリも過酸化水素の濃度も落として塗布しています。
ヘアカラーの退色を補正

画像では色がわかり難いですね。(施術前よりも赤みが少しでています)
ヘアカラーの退色補正の仕上がり

指で少し巻きながらドライヤーで乾かすとこのくらいのカールが出ます。
パーマのカール

32ミリのヘアアイロンで毛先から巻いて仕上げるとこんな感じです。
パーマのヘアアイロン仕上げ

ヘアカラーの傷みもパーマのダメージも今はほとんどないのでこのままの状態を維持していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です