エルコスアシッドイレイザーで髪の毛が明るくなる?


先日、エルコスアシッドイレイザーを使用したら髪の毛が明るくなったと言う事を聞きました。

なぜそうなったのか、そう感じたのか詳しくはわからなかったのですが、本来アシッドイレイザーには髪の毛を明るくする成分であるブリーチ剤は配合させていないのです。

少し細かく言うと脱染剤であって脱色剤ではないのです。

この製品はヘアカラー剤の色の元であるジアミン系の色素は分解(正確には還元)出来ても髪の毛の色の元であるメラニン色素の分解は出来ないのです。だから明るくなるはずはないのです。

ではなぜ、エルコスアシッドイレイザーの使用で髪の毛が明るくなったと感じたのでしょうか。

状況を察するに、まずおしゃれ染めのヘアカラーで明るく染めた・・・・

明るい髪の色を暗くするのに暗いヘアカラーで染めた・・・・

また明るくしたいので、イレイザーで暗い色を落とした・・・・

このパターンなら、先に明るいおしゃれ染めで明るくしたところに暗い色素が入って、のちにその色素をとったのだから、髪の毛は地毛よりも明るくなるはずです。

でも、今回のパターンの感違いは別のところに有るのではないかと思いました。

それを妄想?すると!

と言うよりも、圧倒的にに多くの人が勘違いしている部分を想像すると!

元の髪の毛が少し明るめの人がヘアカラーで地毛よりも暗くしてしまった、もしくは白髪染めで良く染まるようにと時間を多く置いたり、暗めのヘアカラーを使用して、希望よりも暗く仕上がってしまった。

そこでエルコスアシッドイレーザーで、その色を落としてもとの髪色に戻そうとしたら明るくなってしまった。

こういうパターンなのではないでしょうか。

なぜ、自分の髪色よりも暗いヘアカラーをしてその色素を取ったのに元の髪の毛の色よりも明るくなってしまったのか?

やっぱり、ブリーチもしているんじゃないの?エルコスアシッドイレイザーって!

今回のケースでは最終的に髪の毛が明るくなる、つまりメラニン色素を破壊するんですから、やっぱりブリーチが入っているんです・・・・暗い色の白髪染めに!!

えっ?白髪染めにブリーチなんて入ってないのではと思う人も多いでしょう。

なぜか!その理由は?

まず、通常におしゃれ染めであっても白髪染めであってもヘアカラー(2浴式永久酸化染毛剤か?)と言うのは2つの製品を混ぜ合わせて、その反応を利用して染めます。(酸性カラーやヘナカラー中性カラーなどでなくドラッグストアで一番販売されているものです。)

その中身の主は、一つは過酸化水素でもう一つはアルカリと染料(色素)です。染料前躯体とかカップラー(中間体)とか小難しい事は抜きにして、この3つで髪の毛に色がついたり明るくなるわけです。

2つの液体やクリーム・泡などが混ざって髪の毛につくと成分であるアルカリが髪の毛を膨潤させて浸透を促進し、髪の毛の中に入った染料が過酸化水素によって酸化重合して発色、表面のキューティクル自体も膨潤したり染まったりします。(余談ですがキューティクルって無色なんだよー)

コレによって髪の毛に色がつくわけですが、アルカリと過酸化水素も反応して今度は脱色をしていきます。
つまり、ブリーチして髪の毛のメラニン色素を壊して髪の毛の色を明るくしてしまうのです。

もし、白髪染めで地毛くらいに染めようとしたときにブリーチ力がないヘアカラーで染めると白髪が希望の色に染まるなら白髪でない黒い髪には更にヘアカラーの黒がのっかって地毛以上に黒くなってしまうのです。

限りなくブラック(漆黒)にするなら、そうなっても色の違いは目だたないでしょうが、黒い部分はさらに黒くなっているんですね。

でも、安心してください!

暗いヘアカラーでもブリーチ効果がプラスされているので、黒髪は少し明るく(白髪に明度が近づく)なって、色素が入るし白髪はそのまま色素が入る(ブリーチする色素がありませんから)ので、白髪と黒髪の明度差が少なくなるのです。

と言う事で(かなり大雑把な説明です)

黒く染めたからブリーチもしてないし(傷んでもいない)、エルコスアシッドイレイザーで脱染すれば元の髪色に・・・

と言う事にはならないで、ヘアカラーリング時のブリーチ効果で明るくなってしまった髪色が出てしまうというのが今回のエルコスアシッドイレイザーで髪の毛が明るくなったと言う真相なんでしょう。

でも、こんな理屈を一般の消費者が知る由も有りませんよね。

ドラッグストアでもネットでもヘアカラーは簡単に手に入る時代ですが、使いこなすのは難しいものです。
それがわれわれ美容師であってもまだまだ理解が足りない・・・と感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です