アッシュブラウン?ベースにより発色は様々!


アッシュブラウンで染めてみました。

ヘアカラーのアッシュ左

ヘアカラーのアッシュ右

アッシュブラウンに染めたのではなくてアッシュブラウンのヘアカラーを使用して染めてみたわけです。

仕上がりはアッシュっぽい色味は出ていますが、ベージュに近い感じもします。
もちろんモニターの違いやカメラの性能、光源や室内の明るさでも違ってきます。

ヘアカラーの色味や明るさ、彩度を決定するときに、希望の色を出すにはどうすればよいかを考えるわけです。

サロンなら知識や経験、ヘアカラーの種類も豊富にあるのでカラーどうしを混ぜて使用することも可能です。(というか単色ではあまり使用しません・・・私は)

今回のケースで髪の毛をアッシュブラウンにしたくてヘアカラーをするなら、単色の一度塗りではこんな感じになります。(この髪の状態の場合)

ならもう少し黄色を削ってみようか・・・という事になります。
ブリーチ&カラーではないのですから、きれいにとはなりませんが考える余地はあるわけです。

補色を使うとかアルカリ度やオキシ濃度を調整するとか・・・

アッシュという色ってどんな色?
意外と解ってなくて流行りだからやってみたいという人も多いのではないのでしょうか?

アッシュブラウンというと青味のある色!(だと思う・・・)
黄色味も赤みもないブラウンというのでしょうか。

外人の明るい髪質に憧れ、昔はブロンドや金髪を思い浮かべる人が多かったですが、何年か前からアッシュという色も仲間入りしています。

流行の色といえば最近はピンクベージュやミルクティーブラウンもありますよね。

アッシュ系というと青味が必要ですが日本人の髪の毛の中に青味はほとんどない(はず)ので、発色にしても色持ちにしても難しい色です。

明度が高い(明るい)のだけれども派手に見えない色としても人気です。

明るいのが良いといってただブリーチしてしまうと金髪のヤ○キーのオネイサンや兄ちゃんになってしまいます。

最近は、おしゃれ染めだけでなく白髪染めでもアッシュブラウンを希望する人がいます。

この手のヘアカラーは持ちが悪いのが欠点です。
では、ヘアカラーリングの持ちを良くするにはどうすればよいか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です