シャンプー剤のオススメ


どんなシャンプーがオススメですか?
こう聞かれる事が多いです。

聞かれればできる範囲でアドバイスいたしますが、サロンのお客様でない場合は髪の毛を拝見できないので難しいケースがあります。(もちろん毛経歴位はうかがってのことです)

それらを参考にして、お客様はシャンプー剤(ヘアケア剤)を選んでいただく事になりますかね。

より良いものを選んでいただきたいし、使用してよかったと喜んでもらいたいのはどの美容師さんでも同じでしょう。(売れればよいと思ったらそれはただの物売り・・・と思います。)

では、何を持って「良い」とするか!

ある事柄(サロンの場合にはシャンプーやトリートメントなど)を評価するのに、データ・情報は必要です。成分内容とか量および製法など・・・

それによってそのものの本質を知りえて、自分なりの評価・ランクを与えて満足のいくものを良いものとして使用すればよい。

ヘアケア製品にしても例外ではありません。
ただし、個人がそのような実験データを持つ術もなくメーカーや第三者の言葉に頼るしかないわけです。(初めての購入や使用において・・・口コミであったりメーカープレゼンであったり)

でも、それが見方によっては変わってくる事もあるわけです。
たとえばヘアケア剤の科学的データにおいてもどの視点で行われたもので結果の見方は変わってきます。

定性分析によるものか、定量分析によるものか、統計分析によるものかなど一つの評価は点であって線や面ではないという事です。物事を客観的に判断するためには体系的に捉える事が必要です。

なーんて小難しい事を並べてみましたが、ヘアケア剤においても未体験のものはいろいろな角度から情報を集めて信じるものを使用して効果を確認し、納得できたものを良しとするしかないでしょうね。

使ってみるのが一番!などということは理想であって、シャンプーやトリートメントを全て試すわけには行きませんね。時間もお金も続きません。

ならば、信頼できる人(この場合は美容師やサロン)を見つけてアドバイスに従うというのも一つの選タクシー(ドラマか!)選択肢なわけです。

かかり付け医師みたいにかかり付け美容師を持つ事もよい事です。
信頼できる髪の毛の専門家なら、正しいアドバイスもしてくれるはずです。

ドラッグストアで、店員さんに聞いても同じではないですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です