シャンプー解析サイトって


シャンプーやトリートメントなど新製品が出ると成分などが気になって、ネットで探すことがあります。

そこで出てくるのがシャンプー解析サイトやトリートメントの解析サイトです。
成分についての説明があったりして、便利に見せていただいています。

ひとつ気になったのが、成分などを解析して評価をしているところもあるのですが、成分だけで製品の性質までわかるのでしょうか。

成分の集まりが商品を作り性質を決めるのでしょうが、成分バランスでその性質や性状はかなりの違いが出るといいます。

単純に成分だけでその商品がわかることではない気がします。
ようは、実際に使用してみてよい結果が出るかが大切であり成分を知ることは、そうであろうと思われる・・・程度のことなんじゃないでしょうか。

前にも書いたとおりシリコンひとつにしてもその分子量やカチオン度で吸着度は変わります。

その在り方によってはビルドアップの問題も在るようですが、悪さしない処方もあるということです。

でも、成分の表示ではシリコン(正しくはシリコーンでアモジメチコンなど)でしかないわけです。

それを使用した(それもある程度継続的に)髪の毛に与える影響を知るには使ってみないとわからないのではないかと思います。

スプリングエイトでも使って解析すればわかるかも?

シャンプーは、髪の毛や頭皮の汚れ(皮脂であったりスタイリング剤であったり薬品やホコリリなどさまざまです)をきちんと落として清潔を保てること、その上で髪の毛のダメージや進行をできるだけ抑えるものが望ましく、トリートメントにしても髪の毛の状態を一時的にでも健康毛に近づける(見せかける)ことができるものが良い商品といえると感じています。

シャンプー解析サイトやトリートメント解析サイトも参考にはなりますが、実際に使用した人の口コミのほうが評価できる!(自分で使用してみるのが一番ですが、それは理想です。星の数ほどあるシャンプーなど試していたら寿命が足りないです・・・)

場合も多いと感じています。

解析サイト自体が商品を販売していたり、お小遣い稼ぎのようなところでは信頼に疑問が付くのは仕方ないことでしょう。

中にある画像やリンクをクリックするだけでお金になったり、その先のサイトで買い物をすると金額に応じて報酬を受け取れるなんてことをしている解析サイトでは・・・(酷評していても、その商品画像を紹介してる?・・・らしい)

成分を良く調べて研究されている人も多く、自らヘアケア剤を作っている人も多く見受けられます。

そういう人の中には、より良いシャンプーなりトリートメントなりをほしくて自分で作っているようです。(といっても今はOEMや案を元に製造してくれるところもあってその気があれば敷居は高くない)

製品の良さを感じることも、その度合いも人それぞれだし・・・まして髪の毛のダメージや要求も千差万別!

その人にとって良いシャンプーや良いトリートメントを探し出すのは容易なことではないでしょう。無数にあるわけです。

成分表示でおおよその見当は付いても、本当のポテンシャルはそのバランスによって決定するということも覚えておくと良いのではないでしょうか。

事実としてシャンプー解析サイトでは、最低ランクらしいが美容師たちの間から広まっているすごい人気のシャンプー・トリートメントがあります。

過激な発言する人なので、ご紹介はできませんが!(探してください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です