トリートメントと髪の毛の傷み


髪の毛の傷みにはトリートメント!

トリートメントは髪の毛をいためます・・・
実際はどうなんでしょう?

一度傷んだ髪の毛が治ることはない(現時点において)と言うのは賛同できますが、トリートメントが髪の毛を傷めると言うのは・・・

傷める場合もあるとか傷めるものもある・・・と言うならわかるのですが
髪の毛を傷めるんじゃあ、もはやそれはトリートメントとはいえないんではないのではないか!(そういうものがトリートメントと称して存在していると言うことなんでしょう)

確かに、一度でも傷んでしまった髪の毛は治らないし髪の毛をいじればダメージすると言うのも事実だと思います。

極論すれば髪の毛は生まれた瞬間から傷み続けるものといえるのでは!

パーマやヘアカラーだけでなく乾燥や紫外線、水濡れやシャンプーなど列挙すればきりがないほどいろいろな要因が考えられます。

傷んだ髪の毛は治らないし、治す術もない!
ならば、何もしなくても同じではないか!

個人的にはそんなことはないと考えます。

傷んでしまうことが避けられない(パーマやヘアカラーやシャンプーしないわけにはいきませんよね)なら、傷みの進行を遅らせる方法と健康な髪の毛のように見せるゴマカシも必要なんじゃないかと思います。

詳しいことはわからないけれど、個々の傷みにあわせた剤を選んで傷む要素はできるだけ減らし、残さないようにして、ゴマカシが続くように(毎日のシャンプーなどでなくなるのなら毎日足して)することも必要なんじゃないでしょうか。

結局、本人が満足できる状態の髪の毛であるのが大事なことでは?
ツヤのある白髪より、パサツクブラウンヘアを良しとする人もいるでしょう。
(もちろん、我々が目指すのはつやのあるパサツキのないブラウンヘアであるのは言うまでもありません)

影響力のある人が動くと、上辺だけで走る人がいるのも事実では?
(シリコン狂想曲?)

ゲームのCMで、女の子がやっぱこっち!で、どーっと行くのを思い出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です