ヘマチン入りシャンプー使用のその後


お客様から、ヘマチンを入れたシャンプーについてご質問いただきました。

結論から言いますと残念ながら大きな変化はないようです。
現在も原液レベルのヘマチンをシャンプーに2%くらい配合して使い続けていますので、また数ヵ月後に結果を書こうかなと思ってます。

ヘマチンは、チロシナーゼを活性化させるらしいので、白髪が黒髪に戻ることを期待しているわけですね。(・・・って何のこっちゃ?)

もう少し書くと髪の毛が作られるときには白髪の状態で、その中にチロシンと言うアミノ酸があって、髪の毛が形成(酸化して細胞死する)されるときにチロシナーゼという酵素がやってきて、チロシンをメラニンに変化させると言うことらしいです。

と言うことで、ヘマチンを使えば白髪が治る!・・・かもしれないと言う期待をこめて使用しているわけです。

このほかヘマチンにはいろいろと髪の毛にとって都合のよいことがあるんです。
グぐればいくらでも出てきますが、ヘアカラーやパーマにはいろいろと使い道があると・・・

ヒスチジン残基やFE(鉄)と言う部分で利用価値がありそうです。
同様にクロロフィリン、なかでも銅クロロフィリンNa(安定化と水溶化)も同様に使用できそうです。

メーカーでもチオ主体の製品とシスアミ主体で使い分けてますよね。
使用量により逆の効果が期待できる面白い成分です。

白髪予防や復活?に効果ありという経験者もいるので、現段階の育毛剤や養毛剤のようにその人に合えば効果が出てくる程度のものと思っています。

それにしてももう少し安価になれば、使いやすいんですけどねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です