髪の毛を伸ばしていてもカットはしておいたほうが良い


髪の毛を長く伸ばしているからといってそのまま伸び放題というのは髪の毛にとっても、見た目にもよくありませんね。

髪は毛先から傷んでくるので、ある程度は毛先をカットしておくのが枝毛や痛みの防止に有効です。

数ヶ月前にカットして、前髪だけ切りながら伸ばしている状様態です。

段も減らしてソギも減らして伸ばしてみたいという希望なので、毛先のカットと少しの毛量調節(どうもモウリョウを変換すると魑魅魍魎が出てくる?)をします。
ヘアカット前

毛先のカットなので切り落とした髪の毛はほとんどありません。
ヘアカット後

したがってサイドの長さもあまり変わりませんね。
ヘアカット後の左

ヘアカット後の右

前髪は伸びたくらいのカット
ヘアカット前の前髪

ドライ後に調整します。私は前髪など微妙な長さが大切なところはドライ後にカットする事が多いです。
ヘアカット前髪

軽くブローして仕上がりです。
ヘアカット仕上がり

どうせ伸ばすのだからとそのままにしておくと、枝毛が進行してたくさん切る事になったり、まとまりが悪くなるので(無駄にアイロンやドライヤーを使用して痛める原因にも!)3ヶ月くらいに1度くらいは毛先をカットしたほうがよいと思います。

特にショートから伸ばしていくとショートとロング、その過程でもそれぞれの長さにあったバランス(段の入れ方であったり部分部分での毛量調整であったり)が崩れてくるので、そのときそのときでもスタイルを維持するためには必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です