ヘアケアにトリートメントは必要か

冬は乾燥の季節であるように髪の毛も乾燥しやすくパサツキや静電気に悩む人が多いと思います。

サロンドプラザでもそのような相談を受けることがあります。

髪の毛の傷みが気になって来ると美容院などでトリートメントで解消しようというのが今までは普通でしたが、近頃はトリートメントは髪の毛を傷めるのでトリートメントはしないほうが良いという意見もあるようです。(もちろんその在り様によってと言うこと!)

トリートメントが髪の毛を傷める?傷めるんじゃ、もはやそれはトリートメントと呼んではいけないんではないでしょうか。

トリートメントは髪を治せるものではありませんが、傷めるものでもないと思います。(そのようなものが存在する可能性はありますが・・・)

髪の毛の傷みは治すことはできない・・・どうせ治らないなら何もしなくて良い!

というわけではないと思います。

髪の毛の傷みを治すことはできなくても傷みを進行させない、そこから更に傷みを増やさないように予防し健康な状態の感触や外見を整えることは必要で重要なことです。

皆さんの目的は髪の毛の健康を手に入れることではなくて、きれいなツヤのある扱いやすいさらさらな髪の毛を手に入れることが目的のはずです。

そのためにはダメージをさせないと言う事が必要な事と言うわけで、健康中身ならよいと言う事ではないと思うのです。

死んだ細胞の髪の毛だから、外からなにかしてあげないといろいろな要因で日々劣化をしていくことになります。

シャンプーや濡れることでさえ厳密に言えば髪の毛は傷みます。日に当たることや風に当たり乾燥することでも髪の毛は傷んでいきます。極論ですが髪の毛も生まれたときから傷み続けていくのです。

髪の毛は一日に平均0.4ミリ、1ヶ月で1.2センチくらい伸びるといわれています。根元から約1センチ先でも30日近くも前にできた髪の毛ということで毎日洗えば30回のシャンプーやブロー、アイロンの熱にさらされて数え切れないブラッシングや紫外線、風にさらされているわけです。

それを何もしなかったら・・・やっぱり傷むんではないかと思います。
さらにヘアカラーや縮毛矯正やパーマなど化学処理(酸性カラーだってヘナであっても)をすれば髪の毛にとってはストレスになるでしょう。

死んでいる細胞ゆえにカバーするものが必要です。

また、死んでいる細胞だけにできることがあるのです。
髪は悲鳴を上げないし暑がることも寒がることも痛がる事もありません。

だからこそやらなければならないことがあるし、できることがある・・・と思います。
髪は自ら申告しないから、持ち主が声なき悲鳴に気が付いてあげないときれいな髪の毛でいられなくなる。

皮膚と同じ(かなり広義の意味において)たんぱく質主体だからと一緒に(同等・同列に)考えるのもどうなんでしょう。

強いて言うなら髪の毛は、肌の角質の部分と同列であり生きている細胞の部分とは違うものだろうと思っています。

何事においても頃合というのが必要で、トリートメントひとつにしても問題はその方法と剤の選び方ではないかと感じています。
もちろん、何を望むかが優先されるのは当然でしょう。

きれいな髪の毛、さらさらでしっとりしていてツヤツヤな髪の毛を目指すならお手入れは必要です。

やってはいるけれど結果が出ないという人は何かが違うんだと思います。(限界まできている髪は別にして)

ヘアケアの方法と剤の選択から見直してみることも有効な方法ではないでしょうか。
おしゃれもきれいな髪の毛も1日にしてならずです。

メンズヘアカラー

サロンドプラザでは、白髪染めが多いのですが今回はメンズのおしゃれ染めです。
毛量は多く、太くて硬い髪質で地毛の色が8トーンくらいの髪の毛です。

太くて硬い髪質ですが、明るくなりやすくすぐに明度があがってしまう髪質です。

赤みが出やすいので、抑えた処方です。
ヘアカラー塗布状態

かなりそいであるので、ウエット時にはスカスカに見えます。(薄毛なわけではないですよー)
ヘアカラー流した後

ちょっとウイービングでアクセントを入れました。
ヘアカラーのウイービング

写真だとうまくカラーが見えませんね。(カメラもショボイ・・・)
ヘアカラーをドライ

これではウイービングもわかりませんねぇ。
ヘアカラーをドライ仕上げ

ヘアカラー後の別画像

フラッシュをたくとこんな風に見えます。フラッシュやライトを当てればツヤツヤできれいに見えます。
ヘアカラー仕上げワックス
元が丈夫な髪の毛で、カラーも塗り分けてますから、傷みは感じません。

ヘアカラーや白髪染めを明るくカラーチェンジ!

ヘアカラーを望まれるお客様のか中には白髪染めをされている方も多くいます。
白髪を目立たなくするには黒めに染まるのが基本ですが、明るめに染める事も白髪を目立たなくさせる方法です。

白髪が見えるのは、黒髪の中に白い髪があるから目立つのだから、黒い髪の毛を白く?まではいかなくても明るくして、白髪との明度差をなくせば目立ちにくいもいえるわけです。

ブロンドや金髪の外国人に人の白髪が目立たないのと同じ事です。
逆も真なりですね。

白髪染めを希望される多くの方は、明るめの白髪染めを希望されます。
よく見ると白髪は染まりが浅くて浮いて見えるのですが全体としては違和感が少なく明るく見えます。

先日、白髪が目立たないようにしっかり染めていたお客様が、やっぱり今度は明るく染めたい・・・もちろん白髪が浮くのは承知の上で!(説明はしてあります。)

でも、暗く染めた髪の毛を明るくするのは簡単ではありません。
サロンでなら可能ですが、気をつけないとダメージが大きくなります。

元々の黒髪は明るくなっても、ヘアカラー(おしゃれ染めでも白髪染めでも)の暗さ(後から入れた色素)は明るくなりにくいのです。

ホームカラーなどで暗くなってしまい、やり直そうと黒く染まった髪の毛に明るい色を塗布して明るくはなりません。

つまり暗から明へのカラーチェンジは容易ではないのですね。
サロンなら脱染剤(脱色剤・ブリーチではないです)など、専用の剤が有ります。

毛染めの種類でもカラーチェンジが難しい場合があります。
市販ではいろいろな製品が出回っていて、成分も様々で輸入品だと特に日本ではあまり使用しない成分を使用している事もあり、それが影響する事もあります。

白髪染めを明るくいためずに染める事はできないと思います。
トリートメントで白髪を染める類のものは黒い部分は明るくはなりません。(元の黒髪でもカラーによる黒色でも)

だからその類のものは傷まないともいえるわけですね。
(そもそもあまり染まるという感じにはならないみたいです。)

染めてみてから、明るくならないのは・・・と後付の説明では言い訳になってしまいがちです。
染める前から説明すれば、サロンのスキルです。

同じことを話すのに前と後では雲泥の差です。
ホームカラーが普及していますが、使用するにはある程度(プロ並みとは行かなくても)の知識は必要です。

皆様どうぞ良いお年を!今年1年ありがとうございました。

サロンドプラザは31日も仕事でした。

お仕事ができるという事は、ありがたい事です。

今年1年、ご来店いただいた皆様、ありがとうございました!!
2015年もよろしくお願いいたします。

新年が皆様にとって良い年でありますように!

どうぞ良い年をお迎えください!

ヘアカラーの放置時間

サロンのお客様には、ホームヘアカラーをしている方もいます。
ホームヘアカラーは手軽で市場は伸び続けているのでしょう。

サロンのヘアカラーのようにきれいに染まりませんが、それでも減る傾向にはありませんね。

多くの美容師様ブログには、ホームヘアカラーの問題点を挙げていますがプロ視点とお客様視点ではとらえどころが違うようです。

サロンドプラザでもホームヘアカラーのお客様に気になるところを聞いてみると、染まりが浅い・悪いとか色ムラ、もちが悪いなどの外見的な答えが多く返ってきます。

われわれプロ目線で言うとリタッチ技術の難しさや知識不足、限定された材料などから来るものこれらは即ち、傷みムラとなって髪の毛のダメージを進行させてしまうのでサロンヘアカラーをオススメしますとなるのでしょう。

この傷みムラは施術を難しくしてくれるので、美容師目線で言えばできればやらんでほしいとなるのでしょうか。

染まりムラも持ちが悪いも傷みにかかわってきます。
よく聞くのが、放置タイム!

どのくらい置いたらよいのか!

ヘアカラー剤を塗布してからどのくらいの時間を置くのかということです。
多くの方が、長く置けばそれだけ良く染まると勘違いをされているようです。

ヘアカラーは、化学反応により染まりますから反応が終わればそれ以上は染まらない事になります。
サロンヘアカラーもホームヘアカラーも放置時間は自然放置で30分くらいが多いのではないでしょうか。

30分というのは気温や髪質や毛経歴など、ある条件が一定の元での話でしょうから、条件により前後するのは言うまでもありません。

説明書に30分となっているのを1時間置いてもそれほど染まりが良くなるわけではありません。
少しは濃くなるでしょうが、それ以上に悪い事もあるのです。

ヘアカラーは、放置タイムと塗布量で直前の結果とその後の結果に違いが出てきます。
たとえば放置時間を30分にして塗布量を適正と少なめにすると少ないほうが染まりが浅く持ちも悪くなってきます。

今度は塗布量は適切で放置時間を短めと適正と長めにするとどうでしょうか。
放置タイムが短いとやはり染まりが浅くて色持ちが悪い結果となります。

長く置くと(多くの人がやっているんではないでしょうか。)割としっかりと染まります。

適正タイムで染めたときは、当然普通に染まります。

これだけ見ると長めに置いは方がよく染まってよさそうに見えますが時間の経過と共に変わってきます。

長く置いたほうが時間と共に色が早くあせて感触も悪くなってくるんです。
それがヘアダメージで、標準時間以上におくと色素はある程度は反応して染まるのですがアルカリや過酸化水素も長く髪の毛についているのでヘアダメージは進行します。

傷んだ髪の毛はキューティクルの捲れやマトリックス(髪の毛の中身)の流出などで、ヘアカラーの色を保持する力が衰え、日がたつにつれて色があせてきてしまうというわけです。

一時的にはたくさんの色素を保持して、よく染まったように見えますが落ちるのも早いので再びすぐに染めなくてはなりまませんね。

染めれば染めるほど髪の毛は傷みます(サロンヘアカラーの様にリタッチ技術があれば別ですが・・・・)から、色持ちもどんどん悪くなるし髪の毛も傷んできます。

見た目や感触も良くないし、サロンでのパーマやヘアカラーにも影響します。
ホームヘアカラーにも良い点はたくさんあります。

せめて時間は守って施術しましょう。自分のためにも、サロンのためにも?(結局はサロンでの出来が良くなるので自分のためになりますよ。)

シャンプー剤のオススメ

どんなシャンプーがオススメですか?
こう聞かれる事が多いです。

聞かれればできる範囲でアドバイスいたしますが、サロンのお客様でない場合は髪の毛を拝見できないので難しいケースがあります。(もちろん毛経歴位はうかがってのことです)

それらを参考にして、お客様はシャンプー剤(ヘアケア剤)を選んでいただく事になりますかね。

より良いものを選んでいただきたいし、使用してよかったと喜んでもらいたいのはどの美容師さんでも同じでしょう。(売れればよいと思ったらそれはただの物売り・・・と思います。)

では、何を持って「良い」とするか!

ある事柄(サロンの場合にはシャンプーやトリートメントなど)を評価するのに、データ・情報は必要です。成分内容とか量および製法など・・・

それによってそのものの本質を知りえて、自分なりの評価・ランクを与えて満足のいくものを良いものとして使用すればよい。

ヘアケア製品にしても例外ではありません。
ただし、個人がそのような実験データを持つ術もなくメーカーや第三者の言葉に頼るしかないわけです。(初めての購入や使用において・・・口コミであったりメーカープレゼンであったり)

でも、それが見方によっては変わってくる事もあるわけです。
たとえばヘアケア剤の科学的データにおいてもどの視点で行われたもので結果の見方は変わってきます。

定性分析によるものか、定量分析によるものか、統計分析によるものかなど一つの評価は点であって線や面ではないという事です。物事を客観的に判断するためには体系的に捉える事が必要です。

なーんて小難しい事を並べてみましたが、ヘアケア剤においても未体験のものはいろいろな角度から情報を集めて信じるものを使用して効果を確認し、納得できたものを良しとするしかないでしょうね。

使ってみるのが一番!などということは理想であって、シャンプーやトリートメントを全て試すわけには行きませんね。時間もお金も続きません。

ならば、信頼できる人(この場合は美容師やサロン)を見つけてアドバイスに従うというのも一つの選タクシー(ドラマか!)選択肢なわけです。

かかり付け医師みたいにかかり付け美容師を持つ事もよい事です。
信頼できる髪の毛の専門家なら、正しいアドバイスもしてくれるはずです。

ドラッグストアで、店員さんに聞いても同じではないですから。

シャンプー解析サイトって

シャンプーやトリートメントなど新製品が出ると成分などが気になって、ネットで探すことがあります。

そこで出てくるのがシャンプー解析サイトやトリートメントの解析サイトです。
成分についての説明があったりして、便利に見せていただいています。

ひとつ気になったのが、成分などを解析して評価をしているところもあるのですが、成分だけで製品の性質までわかるのでしょうか。

成分の集まりが商品を作り性質を決めるのでしょうが、成分バランスでその性質や性状はかなりの違いが出るといいます。

単純に成分だけでその商品がわかることではない気がします。
ようは、実際に使用してみてよい結果が出るかが大切であり成分を知ることは、そうであろうと思われる・・・程度のことなんじゃないでしょうか。

前にも書いたとおりシリコンひとつにしてもその分子量やカチオン度で吸着度は変わります。

その在り方によってはビルドアップの問題も在るようですが、悪さしない処方もあるということです。

でも、成分の表示ではシリコン(正しくはシリコーンでアモジメチコンなど)でしかないわけです。

それを使用した(それもある程度継続的に)髪の毛に与える影響を知るには使ってみないとわからないのではないかと思います。

スプリングエイトでも使って解析すればわかるかも?

シャンプーは、髪の毛や頭皮の汚れ(皮脂であったりスタイリング剤であったり薬品やホコリリなどさまざまです)をきちんと落として清潔を保てること、その上で髪の毛のダメージや進行をできるだけ抑えるものが望ましく、トリートメントにしても髪の毛の状態を一時的にでも健康毛に近づける(見せかける)ことができるものが良い商品といえると感じています。

シャンプー解析サイトやトリートメント解析サイトも参考にはなりますが、実際に使用した人の口コミのほうが評価できる!(自分で使用してみるのが一番ですが、それは理想です。星の数ほどあるシャンプーなど試していたら寿命が足りないです・・・)

場合も多いと感じています。

解析サイト自体が商品を販売していたり、お小遣い稼ぎのようなところでは信頼に疑問が付くのは仕方ないことでしょう。

中にある画像やリンクをクリックするだけでお金になったり、その先のサイトで買い物をすると金額に応じて報酬を受け取れるなんてことをしている解析サイトでは・・・(酷評していても、その商品画像を紹介してる?・・・らしい)

成分を良く調べて研究されている人も多く、自らヘアケア剤を作っている人も多く見受けられます。

そういう人の中には、より良いシャンプーなりトリートメントなりをほしくて自分で作っているようです。(といっても今はOEMや案を元に製造してくれるところもあってその気があれば敷居は高くない)

製品の良さを感じることも、その度合いも人それぞれだし・・・まして髪の毛のダメージや要求も千差万別!

その人にとって良いシャンプーや良いトリートメントを探し出すのは容易なことではないでしょう。無数にあるわけです。

成分表示でおおよその見当は付いても、本当のポテンシャルはそのバランスによって決定するということも覚えておくと良いのではないでしょうか。

事実としてシャンプー解析サイトでは、最低ランクらしいが美容師たちの間から広まっているすごい人気のシャンプー・トリートメントがあります。

過激な発言する人なので、ご紹介はできませんが!(探してください)

パーマ時において髪の毛のダメージを減らす中間水洗!

ふと思ったのですが、パーマ時の中間水洗をサロンではしているのでしょうか?

30数年前の記憶では美容学校でも、パーマの実習で中間水洗はすることとスポイドでジャバジャバ流したはずです。(詳しい理由の説明はなかったです。当時はわかっていたのか不明ですが・・・美容においても後で理屈がわかって、それが理にかなっていたことが多い)

シャンプー台でシャワーで流すのが一番よいと思うのですが実際サロンでは、時間や場所の制約でスポイドで流すことが多いと思います。

中間水洗をしないサロンもあるでしょうし、それがダメと言うことでもないと思います。(サロンドプラザでもしない場合もあります。)

クリープパーマでは中間水洗は必須のことですが、すべての美容師さんが理由を知って中間水洗をしているのでしょうか。

知らなくても施術には関係ないかもしれませんが知っていたほうが知らないよりは良いと思います。

中間水洗をしたほうが良い理由を簡単に言うと、ミックスジスルフィドを減らすことができるからです。

ミックスジスルフィド結合はパーマによるヘアダメージの大きな要因のひとつと言われています。(システアミンが低ダメージなのはミックスジスルフィドの生成が少ないからと言われています)

水洗でミックスジスルフィドが流れるわけではないのですが、美容師ならパーマのかかる仕組みで平衡反応と言う言葉を聞いたことがあるはずです。

これも簡単に言うと右と左が同じになる(一方が減ればもう一方も減る)反応という感じです。

中間水洗で流すことができる髪の毛に余分な物としてジチオ(ヂチオヂグリコール酸)があります。(還元剤がチオグリコール酸の場合ですが)

このヂチオ(DTDG)とミックスジスルフィドは、式で表したときに左右に分かれて平衡反応の状態にあります。

つまり片側のジチオが水で流れてなくなれば、反対側のミックスジスルフィドも平衡反応を起しているので減ってくれると言うわけです。(細かく言うと左右ではなくて2つの式の平衡反応になります。)

ヂチオヂグリコール酸を水で流して髪の毛に悪い成分のミックスジスルフィドを減らすことができるから中間水洗は髪の毛のダメージを考えれば必要と言うことになります。

と言っても、1剤の効いた還元状態での水洗は膨潤が進んだり、間充物質が流れないか心配したこともありましたが、それよりもミックスジスルフィドを減らすことが髪の毛にとってプラスになるんでしょうね。(この辺は僕は詳しく判りません。)

ついでに言うと還元剤がチオグリコール酸だとヂチオヂグリコール酸、システアミンは解らないですが同じように反応して出来たRSSR(Hの取れた還元剤がくっついたもの)も、ヂチオ同様水で流せます。

システインもRSSRが出来ますが、水で流れないので流すにはPHをアルカリに持っていく事が必要になります。(ダメージを考えるとあまり得策ではないようです。)

更についでに言うと、普通に流しても還元剤は流せません。1時間以上は流しつづける必要があるそうです。(3日くらい流し続けるとさらに効果的・・・だそうですが無理!)

つまり、流してRSSRが減れば平衡反応によりヂチオは減り還元反応は進行するということです。クリープパーマの正体?はこの作用だった!(とおもっていたのですが、それだけでもないようです。)

髪の毛の傷みのことを考えるならパーマ時の中間水洗は必要だと思います。
(還元反応を促進させたり2剤の酸化をしっかりさせる意味においても!)