オススメのシャンプーは、イプランパフェシャンプー


美容室へ行くとサロン専用のシャンプーをすすめられるのは皆さん同じでしょう。

担当の美容師さんが、コレはアミノ酸のシャンプーで肌にも髪の毛のもとても優しいトリートメントシャンプーなんですよ!

で、あなたは何を使っているの?って聞いてみたくなるのは私だけでしょうか・・・?

勿論、髪の毛や頭皮の状態が美容師さんとかけ離れていればそんな質問は、愚問というものです。

乾燥肌で矯正やホームカラーの繰り返し、細毛でロングなんていうお客様とショート(短髪)で化学処理なしのアブラギッシュな親父美容師とでは、同じシャンプーなんてありえません。(私はアブラギッシュな親父ではない!)

でも、ある程度の範囲はこのシャンプーでカバーできると思います。
そもそもシャンプーは汚れ落としでトリートメントじゃないんだから・・・

サロンドプラザ美容室がオススメしているサロン専用シャンプーは、イプランパフェシャンプーです。

この私も、イプランさんとお付き合いいただいてから数十年(忘れた・・・20年位か?)毎日家族で使用していました。

画像クリックでサロンドプラザのイプランへ飛びます。
イプランパフェシャンプー

あるひ、営業マンが直にサロンを訪れて話を聞いて取り入れた直取引のメーカーさんです。

このイプランパフェシャンプーのパフェとはクリームパフェのような滑らかな泡立ちで髪の摩擦を減らしながら洗う序とができるというので名付けたらしい。

成分でユニークなのは、トリートメントにも配合されているシルト(湖底の泥)・現在はモロッコ溶岩クレイと表示変更という成分ぐらいで、後は際立っているところはない(と思う)。

界面活性剤にしても、アミノ酸系活性剤は3番目にくる、さっぱり系のシャンプーといえるでしょう。

勿論シリコン(シリコーン)は無配合で、ポリクオタニウム10が配合されています。

成分だけで製品の良し悪しを計っているシャンプー鑑定サイトからすればあまり良い評価は得られないかもしれない感じですね。

美容師さんに多い意見として、成分でなくバランスが大切!使い続けてから評価するのが現実的ではないのか?に私も賛同いたします。

バランスというのは、価格や容量も使用者から見れば大切なバランスです。

イプランパフェシャンプーは、性能と価格のバランスが取れたオススメのシャンプーで健康毛からダメージレベル中程度の方までなら、十分対応できるでしょう。

そうでなくても、ホームカラーをしていて高価格なサロンシャンプーは使えない(使いたくない)という人にもオススメできます。

ところで、シャンプーで高価格ってどのくらいから言うんでしょうか?
ドラッグストア(タマプラ親父の出現するあざみ野の十字屋跡地にクリエイトがオープン!)でみたら、サロンの価格とは比べようもありません。

一説では、その手のシャンプーの原価は200mlで50円くらい(容器のほうが高いそうです)というのもうなずけてしまいます。

サンナホルシャンプーなんかは別各として、サロン専用のシャンプーだと配合量や成分自体も違うので同じにはとても出来ない感じですね。

話を戻して、イプランは家族ともども使い続けて問題はありません。
子供から大人のパーマやヘアカラー毛でも安心して使用できる製品です。

あ、でも今年の6月ごろから私だけ別のシャンプーを使用しています。
そのわけは、今度書きます。イプランに問題が起きたからではありません。

市販のシャンプーしか使用したことがない方なら、ちょっとプラスして使用してみませんか?

傷んでしまった髪の毛は治るわけではありませんが、感じは変わってくると思います。

たまにポストに投函されている試供品の市販シャンプーを使ってみることがありますが、この親父の頭、髪の毛でも違いが如実にわかります。

お客様でサロンシャンプーに変えていただいて髪の感じが変わるのがわかる人もいます。

反対に、市販のシャンプーに変えてしまった(元に戻した)のは、コチラの手触りでわかります。
(人それぞれの事情があるので、あえて聞きませんが・・・わかります。)

サロンのオススメシャンプーと市販品との違い、傷んでいる髪の毛だったらなおさらではないでしょうかねぇ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です