切れ毛 治す

切れ毛の対策でお悩みの方にサロントリートメントのご案内!!
切れ毛を治すといっても切れた毛がくっ付くのではありません。 切れ毛の原因を探り髪の毛がこれ以上ひどくならないように切れ毛 対策としてトリートメントの方法を考えてみます。サロンドプラザではエルコスパワーR2シャントを推奨します。

切れ毛 原因

切れ毛を治す

切れ毛の原因はいくつか考えることが出来ます。一つは、もともとの髪質が弱くて切れやすいと言うことがあります。

細い髪の毛だけでなく縮毛・クセ毛でも切れやすいといえるでしょう。

もう一つは、科学的な損傷による切れ毛があります。

間違ったヘアケアやサロンでの施術などで、切れ毛になってしまうことは多いものです。 サロンでの施術で多いと思われるのが、薬液の過剰作用と折れ毛でしょう。

パーマ液などは、髪の結合を緩めて形を作り再結合させるわけですがこの再結合がきちんと出来ていなかったり、薬液(パーマ液など)の過剰作用により、再結合が出来ない状態になるとその部分は、刺激に弱くなり切れやすくなります。

同じく、パーマ液(還元剤)が塗布された部分が折れた状態で、薬液の作用(還元)が進むと折れ毛となりやすく、この部分も切れやすくなります。

ホームヘアカラーなど繰り返し、髪の中身がなくなっても強度は落ちるわけですから切れ毛の原因になります。

髪の毛 切れ毛

髪の毛の切れ毛は、このようにいくつかの原因により起こると言えますが、いずれも髪の強度が低下することに原因があるといえます。

ならば、髪の強度を上げてやれば良いわけで、髪の毛の強度を上げるトリートメントとしてエルコスから発売されているサロン専用トリートメント、エルコスパワーR2シャントがおすすめです。

切れ毛 対策

エルコスパワーR2シャントは、切れ毛の対策・予防におすすめ出来る商品で、髪の毛の強度を上げ切れ毛などを減らすことを目的として作られたトリートメントといえます。

髪の中身である間充物質を補充することも必要ですが、強度を上げるには架橋効果のある成分を補充することが効果的です。

エルコスパワーR2シャントには、リアクティブレジンという特殊架橋剤が配合されていて、通常のPPTやコラーゲン・ケラチン配合のトリートメントとは大きく違うところです。

30%程度の強度回復が認めれれたということですが、2回連続で施術しても強度が2倍の60%にはならなくて少し増すくらいと言うことです。

一回使用すれば良いと言うことでなく、シャンプーなどで髪の毛の中からだんだん流れて少なくなるので定期的に使用するのが良いと思います。

切れ毛に悩む人は、このエルコスパワーR2シャントを切れ毛の程度に合わせて原液から水などで2倍くらいにまで薄めて、塗布しクシでなじませて少し置いてからドライヤーで乾燥させ、シャンプーします。ヘアカラーをするなら、ドライした後にカラー剤を塗布しましょう。

切れ毛の程度によりますが、使用頻度は1週間から2週間に1回くらいでよいのではないかと思います。

切れ毛の多い髪の毛なら、エルコスパワーR2シャントを塗布ドライ後、エルコスアミノウォッシュまたはエルコスアミノウォッシュエイドでシャンプー、PHCを塗布後流して、エルコスパワーリバイジング+やエルコスパワーフィーリング+、エルコスアミノコンデまたはエルコスアミノコンデエイドで仕上げ、マトリックスウオーターを流さないトリートメントとして使用するのが良いと思います。

切れ毛におすすめの商品

エルコスパワーR2シャント⇒
特殊架橋剤が髪の毛の強度を高めて切れ毛や枝毛を防止します。

エルコスパワーKPT+⇒
髪の毛の成分の基本となるケラチンPPTが主体の製品で傷んだ髪の毛全般に効果を期待できます。

エルコスパワーリバイジング+⇒
髪の毛の表面補修に有効で、キトフィルマーやシルクポリマーなどの有効成分が傷んだ髪の毛をツル・サラに仕上げます。

エルコスPHC+EX⇒
ヘアカラー毛のトラブルの原因になる残留アルカリや過酸化水素の除去に優れ髪を弱酸性に保ち各種PPTや軽いオイルが、傷みを抑え軽い仕上がりを実現します。

マトリックスウオーター⇒
髪の毛の成分の主体となるケラチンタンパクを配合する洗い流さないローションタイプのトリートメントです。使い続ける事により髪の毛をしっかりさせダメージを予防しますので効果もより感じられる様になります。

お勧めの1本なら⇒
トリートメント・エルコスパワーR2シャント

お勧めの2本なら⇒
エルコスパワーR2+とエルコスパワーリバイジング+泡立て詰め替え容器の送料無料のセット

お勧めの3本なら上記にプラスして⇒
パワーKPT泡立て容器

お勧めの4本なら上記にプラスして⇒
エルコスアミノウォッシュもしくはエルコスアミノウォッシュエイド

お勧めの5本なら上記にプラスして⇒
トリートメント・エルコスアミノコンデもしくはトリートメント・エルコスアミノコンデエイド

お勧めの6本なら上記にプラスして⇒
マトリックススオーター

切れ毛の予防対策使用例
エルコスパワーR2+(原液から2倍程度に水で薄めたもの)を、乾いた髪にスプレーしクシでなじませて数分置いた後、ドライヤーで乾かします。

エルコスアミノウォッシュ又はエルコスアミノウォッシュエイドで洗い流した後

エルコスパワーリバイジング+を塗布した上にエルコスアミノコンデ又はエルコスアミノコンデエイドを塗布放置後に流してタオルドライします。

エルコスマトリックスウオーターを髪全体に塗布して、ブロースタイリングに入ります。 ホットカーラーやアイロンの使用には、エルコスマトリックスウオーター塗布後に乾かしてから専用のスタイリング剤をご使用いただいてもいと思います。

髪の毛のパサツキが気になる場合にはエルコスパワーフィーリング+をリバイジングの代わりに使用してもいと思います。

タイプ別髪の毛の傷み
おすすめヘアケア